【タイ】病院内でのワイセツ行為の動画を公開した女性を告訴

Global News Asia / 2014年8月20日 21時49分

病院側がワイセツ行為の動画を公開した女性を警察に告訴するシーンを報道するテレビニュース。

 2014年8月20日、タイのメディアによると、バンコク近郊の病院で、入院中にワイセツな行為をし、それを動画としてインターネットにアップした女性が病院に告訴された。

 事件があったのは、バンコク近郊のサムット・プラカーン県の病院。問題の女性(22歳)は患者として入院していたが、8月17日、すでに退院している。

 女性のFacebookに入院中の写真に混じって、病院内でワイセツ行為をした動画がアップされていることを関係者が発見。病院の名誉と信頼を傷つけるものとして、警察に告訴することを決めたという。

 問題のFacebookには、女性自身による書き込みで「もっと動画を見たい人は私にメッセージをください」などとあったほか、多数のセミヌード写真などがアップされており、小遣い稼ぎを目的にしていたようだ。

 女性は退院した後、行方がわからなくなっているが、有罪となった場合は、5年以下の懲役、または10万バーツ(約30万円)以下の罰金が科せられることになる。
【翻訳/編集 : そむちゃい吉田】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング