【インドネシア】日清食品、ニッシンマスの全株式を取得=98%所有の筆頭株主に

Global News Asia / 2014年8月24日 14時2分

日清食品ホールディングのインドネシアにおける合弁会社ニッシンマスの提携先であるインドフード社。

 2014年8月20日、日清食品ホールディングス(以下、日清食品)は、インドフード・スクセス・マクムール株式会社(以下、インドフード)が保有するニッシンマス株式会社(以下、ニッシンマス)の全株式(1172万555株、保有比率49.0%)の取得に関し、インドフードと株式譲渡契約を締結した、と発表した。

 インドネシア投資調整庁の認可を始めとする諸条件が整い次第、速やかに実行するが、取引後は、日清食品は、ニッシンマスにおける発行済株式総数の98%を保有する筆頭株主となる。

 現在、日清食品は、アメリカ・中国・アジア・ヨーロッパを中心とする世界各国において事業を展開しており、特に経済発展にともなう市場のさらなる拡大が期待されるアジア地域においては、2011年にアジア戦略本部をシンガポールに新設するなど、同地域での事業展開をより一層加速させている。

 そのような状況を考慮し、今後のインドネシア事業の強化およびそのための機動的な意思決定・資源投入を実現するべく、インドフードが保有するニッシンマスの全株式の譲り受けに関する協議を重ねた結果、今回、合意に至った。
【編集 : YK】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング