ベトナムフェスティバル2014代々木公園=来日アーチスト3人決定

Global News Asia / 2014年8月31日 8時4分

ベトナムの今を代表する3人のトップアーチストの来日公演。Pham Anh Khoa。Tieu Chau Nhu Quynh。写真は、Vam Mai Huong。

 2014年8月31日、東京代々木公園のイベント広場で、開催する「ベトナムフェスティバル2014」に出演するベトナムから来日する3人のアーチストが分かった。

 Vam Mai Huong
ベトナムダンスミュージックシーンをリードする女性歌手。欧米の音楽シーンを意識したR&Bの要素を持ったオリジナルの楽曲は常にベトナムヒットチャートを飾る今最も話題の一人であり、人気急上昇中の女性シンガー。

 Tieu Chau Nhu Quynh
オーデシション番組で優勝し一躍トップアーチストの仲間入りを果たした女性歌手。Lam Truong、Minh Thuなど音楽家一族の一人として話題性も高く、ルックスと相反したパワフルな歌唱力には高い評価が寄せられる。モデルとしての活動も多く幅広いジャンルで活躍中。

 Pham Anh Khoa
ベトナムの最先端ロックシーンの注目株として高い評価を受ける男性歌手。自らのバンドを率いて活動中。作詞作曲を手掛けタレントとしても積極的な活動を行っている。オリジナル志向が珍しいベトナムにとって新しいスタイルを確立し始めた新世代シンガー。

 ベトナムフェステイバルは、日本とベトナムの文化交流の祭典として、「食」・「文化」・「音楽」などさまざまなベトナムを紹介するもの。ベトナム料理店や物販など約100のブースが出店。昨年の入場者数は約13万人で、今年は15万人ぐらいの来場者を予定している。

 会場ではベトナムの伝統芸能「水上人形劇」が初めて披露される他、サンプラザ中野くん、中西圭三といったベトナム好きなアーチストが、ベトナムから来日する3人のアーチストを歓迎する。
 
開催は、9月13日(土曜)、14日(日曜)の2日間。
両日とも、10時から20時まで。

追記)2014年9月6日、ベトナムフェスティバル2014実行委員会「日本側実行委員長:松田岩夫(創設者元国務大臣)ベトナム側実行委員長:ドァン・スァン・フン(駐日ベトナム大使)」は、代々木公園イベント広場で、2014年9月13日(土曜)と14日(日曜)に予定していた、ベトナムフェスティバル2014の実施を見送り、中止することを決定した。

【編集 : 安麻比呂 】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング