【タイ】代理出産=日本人カップル・年間100組以上が利用

Global News Asia / 2014年8月31日 20時54分

ホテルのような快適なサービスをする、外国人向けの病院もバンコクには多い。(バンコクの病院のイメージ)

 2014年8月31日、タイメディア関係者によると、海外からの利用者の多いタイの代理出産。日本人カップルは、年間100組以上が利用している。

 トータル費用は、約500万円程度で、アメリカと比べると費用が安い。タイでは代理出産の他にも、卵子提供による体外受精も可能。男女産み分け費用は欧米に比べて大幅に安い。

 そうした事から、日本からも高度な医療サービスを求めてタイに来るカップルがこの数年増えていた。日本人が経営する仲介会社もある。

 タイ政府は、商業代理出産を全面的に禁止する方向で法案成立に動いているが、オーストラリアからも全面禁止することについては否定的な要請がきており、条件付きで、普通のカップルに対しての、生殖医療サービスは継続される可能性も若干ある。

 また、タイで全面禁止になった場合、タイを囲んでいる周辺国に、タイの最新生殖医療技術が移管されてしまい、タイの医療ツーリズムにマイナスの影響が出るのではと心配する声もある。

【編集 : 安麻比呂 】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング