【タイ】JAL名古屋―バンコク線を12月20日から就航

Global News Asia / 2014年9月6日 12時0分

2015年1月からは、快適なボーイング787-8型機での運行を予定。(資料写真ボーイング787)

 2014年9月5日、JAL日本航空は、12月20日から、名古屋/中部―バンコク線を就航させると発表した。

 スケジュールは、JL737名古屋/中部(10:30)→バンコク(14:50)。JL738バンコク(22:55)→名古屋/中部(翌日06:20)。

 日本とバンコク間の、1日計5往復の運航規模はANAを抜き日系航空会社としては最大規模。さらにバンコク以遠については、バンコク・エアウェイズ(PG)運航のコードシェア便を利用することにより、ミャンマーやカンボジアなど13地点への乗り継ぎが出来る。

 使用する機材は、12月中は、ボーイング767-300ER型機。2015年1月1日からは、ボーイング787-8型機。
【編集 : 安麻比呂 】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング