デング熱で開催中止決定=代々木公園でのベトナムフェスティバル

Global News Asia / 2014年9月6日 15時49分

『安心と安全』を優先して、9月13日、14日のベトナムフェスティバルは中止になった。(2014年5月の代々木公園イベント広場)

 2014年9月6日、ベトナムフェスティバル2014実行委員会「日本側実行委員長:松田岩夫(創設者元国務大臣)ベトナム側実行委員長:ドァン・スァン・フン(駐日ベトナム大使)」は、代々木公園イベント広場で、2014年9月13日(土曜)と14日(日曜)に予定していた、ベトナムフェスティバル2014の実施を見送り、中止することを決定した。

 代々木公園周辺からデング熱による被害が拡大しているためで、ベトナムフェスティバル2014実行委員会は、「ご参加の皆様の『安心と安全』を第一に考慮した結果、今年の開催は不可能と判断し、中止を決定した」と話している。
【編集 : 安麻比呂 】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング