【タイ】代理出産・24歳日本人御曹司=資産約130億円と警察に文書で説明

Global News Asia / 2014年9月10日 7時30分

日本人男性は、大富豪であることが明らかになった。ドラマ以上に展開は予想外。(写真は、ドラマのロケ現場)

 2014年9月10日、タイメディア関係者によると、日本人男性が多くの子供を代理出産で誕生させた問題で、代理人の弁護士が9日警察を訪れ提出した文書の中に、日本人男性の資産は、40億タイバーツ、(約130億円)と明記されていることが明らかになった。

 日本人男性は、タイで保護されている12人の子供を、早く引き取りたいと希望しており、子供を育てるための経済的な裏付けとして、資産総額を明らかにした。

 また、タイ北部のチェンライに生まれたばかりの子供がおり、代理母は、子供を男性に渡したくないと話している。通常の代理出産の手順を踏んでいないため、代理母が母親としての親権を主張していて、日本人男性が子供を引き取る交渉は難しくなりそうだ。

 日本人男性が大富豪であることが、周知の事実になってしまった現在、これから誕生する子供についても、同様の問題が起きる可能性が高い。

【編集 : 朝日音然】

Global News Asia

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング