痺れる旨さの麻婆豆腐

ぐるなび / 2016年8月8日 12時10分

8月5日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系、午後19時56分~)では、2児の母でもある演技派女優、永作博美さんの若さの秘密に迫るツアーを行い、TBSアナウンサーの安住紳一郎さんと永作博美さんの2人が「山ちゃん」(東京都新宿区)を訪れた。

「辛いものに飢えていて、辛いものが食べたいんです!」という永作博美さんが訪れた同店は中華料理の食べられるお店。中でも人気なのは5種類ものメニューを誇る。
2人がまず頼んだのは「塩麻婆豆腐(中)」。フクロタケ、コバシラ、砕いた干しエビなどが入った一皿だ。白米と一緒にぱくりと食べた永作博美さんは「海老がいきなり…すごい色んな味がする!」とコメント。つづいた安住紳一郎さんも「あらら!初体験!食べると美味しいひき肉とキノコの炒め物というか…」とコメントした。

辛い物が好きだという永作博美さんはお店で一番辛い「四川麻辣豆腐(中)」にもチャレンジ。四川山椒を用いたひときわ辛い一皿で、作っている途中から安住紳一郎さんが「もう厨房から来てますよ!」と辛味をまとう空気に驚きの声。
いざ口にいれた安住紳一郎さんは「あっ、永作さんが言ってた、また、この、ここに来て具材ひとつの大きさと、噛みごたえがたまらないですけど、辛さは間違いありません!」とあまりの辛さに汗をかきながらコメント。「口が痺れちゃった」という安住紳一郎さんの脇で、ひょいひょいと箸を進める永作博美さんは「この痺れが、麻婆豆腐ですよね~」と満足そうにコメントした。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング