深夜にオープンする昔ながらの食堂 東京スカイツリーの真下で営業

ぐるなび / 2013年10月29日 12時10分

10月25日の「噂の現場直行ドキュメン ガンミ!」(TBS、毎週金曜深夜1時25分)で、お笑いコンビ「デニス」の植野行雄さんと、「マテンロウ」のアントニーさんが真夜中の浅草を調査し、東京都墨田区の創業約60年「食堂きくや」を訪れた。

 東京スカイツリーの真下で営業している食堂きくやに取材許可をもらい、2人は店内へ入った。営業時間は、深夜2時半~正午、午後5時~午後7時。隣にあるタクシー会社に併せて仕事帰りの運転手たちのために遅い時間より店を開けているという。

 2人は、この店のイチオシメニュー「カレーライス」(300円)と「ハムエッグ」(500円)を味わった。店内の他のメニューを見て価格設定がおかしいことに気が付いた2人は、店主にその理由を訪ねた。店主は「調理に手間がかからない順に安くなっている」と答えた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング