東京にいながら京都の雰囲気と味が楽しめると船越英一郎が絶賛する行きつけ和食店

ぐるなび / 2013年11月12日 16時10分

11月8日の「7スタライブ」(テレビ東京系、毎週月~金曜午前9時28分)の「マイライク!」のコーナーで、タレントの船越英一郎さんと同局の野沢春日アナウンサーが東京都世田谷区の「吟家」を訪れた。

 船越さんが紹介した同店はのれんに風情がある和食店で「東京にありながら京都の風情や味が楽しめる」と船越さんは話す。船越さんは関西で修行したという店主の腕にほれ込み、夫婦でもよく訪れるという。船越さんは毎回訪れるたびに、カウンターの決まった席に座っていると話した。この日、船越さんは旬の料理をオーダー。カワハギは冬にかけて一番おいしくなるといい、店主が出したのは「カワハギの薄造り」。透き通るような見た目とは裏腹に、しっかりとした食感が魅力で、特製の濃厚肝じょう油を付けて食べた船越さんは「最高においしい! 薄造りしているのに肉厚」と納得し、野沢アナにも早く食べろと勧めた。「カワハギは身はフグ、肝はあん肝と例えられるほど」と店主は説明した。

 続いて登場したのは、船越さん夫妻がそろって大好物だという「和牛ひれかつ」。鹿児島産の黒毛和牛をさっと揚げ、外はカリッと中はジューシーに仕上げた人気メニューの一つだ。デミグラスソースで食べると「うまい。本当にうまい」と船越さんは匠の技が効いた一品に感心していた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング