ぶつ切りのネギと豚バラ肉に味がしみ込んだ秩父の名物ラーメン「チンタツ」

ぐるなび / 2013年11月19日 16時10分

11月16日の「出没!アド街ック天国」(テレビ東京系、毎週土曜午後9時)では、「極上の湯&絶品! 郷土料理」として埼玉県の秩父温泉を特集し、秩父市のラーメン店「珍達そば」が紹介された。

 秩父っ子なら誰でも知っているほどの人気店「珍達そば」では、来店客の9割が同じメニュー「チンタツ」を注文する。店名にもなっているメニューは、しょう油スープにネギがゴロリと入ったラーメン。スープに豚バラ肉とネギ、さらにはめんまでも同じ鍋で煮込むため、食材すべてに味がよくしみているのも特徴だ。ともに自家製のニンニクカラシとラー油をガツンと溶かし、辛ウマな一杯に変身させるのが秩父っ子の流儀だという。

 店名の「珍達そば」は、看板メニュー「ちんたつ」を考案した創業者2人(珍さん+達明さん)の名前から、それぞれ1文字ずつを取って命名された。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング