秩父で熱狂的に愛されるホルモン焼き 希少部位の「豚タケノコ」即完売の人気メニュー

ぐるなび / 2013年11月19日 17時10分

11月16日の「出没!アド街ック天国」(テレビ東京系、毎週土曜午後9時)で「秩父温泉 BEST30」を特集し、「山田ホルモン」(埼玉県秩父市)が紹介された。

 同店は、秩父で31年続くホルモン店で通称“山ホル”の名で地元の人を中心に愛されている。ホルモン焼きは「小さいころから秩父の焼肉といえばホルモン焼き」と地元の人がコメントするほど人気が高い。豚レバー、豚カシラ、豚シロ、豚タンなど肉はどれも食べ応え十分。そして、いつも早めに売り切れてしまうのが「豚タケノコ」だ。豚の心臓につながる大動脈という、食感がしこしこした歯切れのいい希少な部位だ。

 少し辛めのタレが絶品で、秩父ではリーズナブルに楽しめる地元食となっている。同店は、豚以外にも牛カルビや知床鳥など豚以外の肉もそろっている。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング