徳光和夫と草野仁が無言になるほどおいしい山形名物「板そば」

ぐるなび / 2013年11月25日 17時10分

11月20日の「にっぽん!いい旅」(テレビ東京系、毎週水曜午後8時)では、「秋色の日本列島へ… 紅葉と湯けむり旅情」として秋の特選コースを紹介。キャスターの徳光和夫さんと草野仁さんが山形県を旅し、山形市のそば店「山寺瀧不動生蕎麦」を訪れた。

 山形県の観光スポット・山寺を歩いた徳光さんと草野さんは、地元の人から教わった名店「山寺瀧不動生蕎麦」に足を向けた。こちらでは、山形名物の「板そば」をいただくことができる。山形県内陸部で古くから親しまれてきた「板そば」は、そばを板や木箱に盛りつけたもの。もともとは農家の人々が、収穫のあとなどに労をねぎらうために振る舞ったとされる。この時期は新そばが楽しめ、同店では香り高くコシがある玄そばを使っている。

 徳光さんは「コシがしっかりしていて、いいそばですね。挽き方もしっかりしてる」とコメント。そのあとは2人とも無言のままそばをいただき、草野さんが「しばらく無言の時間が過ぎましたが、ホントにおいしいときは無言になってしまいますね」と説明した。草野さんは、そのあと向かう山形県かみのやま温泉にある、おもてなし精神あふれるお気に入りの旅館についても話した。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング