ネタの下にまたネタが!? ネタが多すぎでご飯にたどり着けない「海鮮丼」

ぐるなび / 2013年11月29日 21時10分

11月26日の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)で東京スカイツリー周辺を特集し、番組リポーターの島田薫さんが東京都足立区の「市場食堂 さかなや」を訪れた。

 千住の魚市場・足立市場近くにある同店では、訪れる客の多くが「量が多い」と口をそろえる。そんな同店の名物は「海鮮丼」で、サーモン、ヒラメ、マグロ、ブリなど11種類のネタがそれぞれ二切れずつ乗っている。ネタの下にもネタがあり、その外見と重さに島田さんは驚いていた。店主によると「当店でのスタンダードな1000円の海鮮丼」とのこと。魚市場のそばということもあり、ネタは天然物にこだわっている。

 島田さんは「脂が乗っていて味が濃くておいしい」と海鮮丼を堪能。店主は「出されたときは量が多くてみんな『えっー』というが、横目で見ているといつの間にか食べ終わっている」と笑った。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング