ブート・ジョロキアとハバネロ入りの激辛「ワンタンめん」に杉山愛も涙目

ぐるなび / 2013年12月6日 20時10分

12月5日の「ドラばらっ! 特選ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、毎週月~木曜午後3時55分)では、元プロテニス選手の杉山愛さんが「秩父鉄道・西武池袋線の旅」で埼玉県から東京都を旅し、東京都西東京市の中華料理店「チノス」を訪れた。

 西武池袋線・ひばりヶ丘駅で途中下車した杉山さんは、街歩きをしながら、「ブート・ジョロキア入!ハバネロ黒豚ワンタンめん」という看板に目をとめた。看板が置かれていたのは中華料理店「チノス」で、ブート・ジョロキアとハバネロが入ったワンタンめんが名物になっている。ハバネロの10倍も辛いといわれるブート・ジョロキアは、世界一辛い唐辛子として、ギネス世界記録に認定されているほど。手袋をせず素手で調理すると、持つだけで手が痛くなってしまうという。こちらの店では、知り合いの農家に栽培してもらっているハバネロとブート・ジョロキアを、豆板醤と混ぜてワンタンに仕込んでいる。

 「ブート・ジョロキア入!ハバネロ黒豚ワンタンめん」をいただいた杉山さんは、まずスープを飲み、「スープも(色が)赤い。ん、これは……そんなに辛くないですね。おいしい」とコメント。が、ワンタンには「うーん、きました。これはあとから来ますね~」と、涙目になってしまった。常連客の中には、ワンタンだけを食べるほどの辛党も多いという。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング