余貴美子のオススメ店 地元・横浜中華街の中華料理店「萬来亭」

ぐるなび / 2013年12月16日 17時10分

12月13日の「ぴったんこカン・カン」(TBS系、毎週金曜午後7時56分)で、司会の安住紳一郎アナウンサーが横浜出身の女優・余貴美子さんとともに横浜中華街を散策し、横浜市中区の「萬来亭」を訪れた。

 幼稚園から高校まで横浜の学校に通っていたという余さんが地元横浜を案内し、大好きな店だという萬来亭を紹介した。余さんがオススメするメニューの一つが「きゅうりと枝豆の和え物」(780円)。ごま油とニンニクの風味が食欲を誘う一品。安住アナは「おいしいですね。たたいてあるきゅうりと少しさっぱりとごま油が乗っていて。これはビールと一緒がいいですね」とコメントした。

 さらに、1週間以上じっくりと漬け込んだ鶏肉がとてもジューシーな「上海風ゆで鶏の老酒漬け」(940円)をいただいた。安住アナは「良い歯ごたえですね。奥のほうからちょっと老酒の独特の味がしみ出してきますね」と堪能。最後には、甘辛の味付けともちもちのめんがクセになる看板メニューの「上海焼きそば」をいただいた。

 食後は、余さんが元町で送った青春時代の話題になり、当時ニックネームで呼び合うのが流行っていて「マリア」と呼ばれていたことを明かした。本名を知らない人が多いため、元町を歩いていると今でもマリアと呼ばれることがあるという。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング