老舗料亭が提供する土佐の伝統料理「皿鉢」の極上の味わいにホリケン節が炸裂

ぐるなび / 2013年12月24日 17時10分

12月19日の「アメトーーク!プレゼンツホリケンふれあい旅『にんげんっていいな』(テレビ朝日系、午後11時45分)の第3弾で、お笑いトリオ「ネプチューン」の“ホリケン”こと堀内健さんが高知を訪れ、「料亭濱長・さくら茶屋」(高知市)を紹介した。

 堀内さんがやってきたのは、土佐の旬や地の食材をいかした懐石・郷土料理が味わえる地元でも人気の料亭。同店は、料亭ならではの正統派和食を気軽に楽しめるようにと1階に和風ダイニング「さくら茶屋」を新設した。登場したのは土佐の伝統料理の一つである「皿鉢(タイの活造りとカツオのタタキ)」。堀内さんはタイの刺し身を食べると「フレッシュ!」とテンションが上がっていた。薬味を乗せてカツオのタタキを食べ、「リターン! おいしい」と戻りガツオの脂が乗ったおいしさを、堀内さんならでは表現で表していた。

 刺し身とタタキのおいしさに黙々と食べ続けていた堀内さんだが、その後、他の客が食べている座敷へと乱入して「およげ!たいやきくん」を歌いながらともに盛り上がった。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング