料理を待っている間も多彩なパフォーマンスで「おもてなし」をしてくれる鉄板焼店

ぐるなび / 2013年12月25日 14時10分

12月23日の「Nスタ」(TBS系、毎週月~金曜午後3時50分)の「直アタリ」のコーナーでスゴ技達人を特集し、“おもてなしの達人”がいる店として東京都中央区の「どれ味 of TOKYO 銀座店」が紹介された。

 お好み焼きなどを提供する鉄板焼店である同店は、料理の味もさることながら、さまざまなパフォーマンスで客を楽しませている。牛ヒレ肉を焼きながらブランデーを手に取った料理人の平野信英さんは、鉄板の上にブランデーを注ぎ、大きな炎のカーテンを出現させ、香り付けのために行うフランベをパフォーマンスで披露している。卵を割る作業も手慣れたもので、トリッキーに割るなど、とにかく見せ方にこだわっている。

 客に最も喜ばれるというのが、3メートル離れた場所から鉄板の上にマヨネーズをかけるパフォーマンス。取材に訪れたリポーターもその豪快さと意外さに驚きの声を上げた。平野さんは「料理は、最初は目。待ち時間を飽きさせずに食べられるように、どんどん新しい技を生み出している」と語った。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング