江戸期から続く老舗料亭の名物「鰻重」

ぐるなび / 2013年12月27日 16時10分

写真

川甚

12月26日の「大人の極上ゆるり旅」(テレビ東京系、午前11時35分)では、医学博士の楊さちこさんとテレビ東京の小島秀公アナウンサーが「葛飾柴又の下町散策」を楽しみ、東京都葛飾区の料亭「川甚」を訪れた。

 柴又帝釈天の周辺を散策した2人は、昼食のため、参道からほど近い「川甚」に足を向けた。こちらは江戸時代後期・1790年代創業の老舗料亭として知られ、もともとは江戸川沿いに店があり、多くの文豪も訪れた名店だという。彼らのお目当ては創業当時から続く名物メニュー「鰻重」で、甘みを抑えたタレでいただく関東風となっている。

 「鰻重」を味わった楊さんは、「今まで生きてきた中で一番おいしいかも。ビックリ」とコメント。小島アナも「なんですか、この柔らかさは!? 関東風の蒸した感じでフワーッと……。おいしいなあ」と驚いていた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング