手羽先のルーツとなったという鶏の半身を秘伝のタレで揚げた「ターザン焼き」

ぐるなび / 2014年1月22日 16時10分

写真

風来坊 栄店

1月19日の「旅ずきんちゃん ~全日本のほほ~ん女子会~」(TBS系、毎週日曜午後11時半)で名古屋市在住の1000人を対象に行った“絶対おさえておきたい名古屋メシ”のアンケート結果を基に、お笑いコンビ「オアシズ」の大久保佳代子さんと映画コメンテーターでタレントのLiLiCoさん、タレントの水沢アリーさんが「風来坊 栄店」(名古屋市中区)を訪れた。

 手羽先といえば……というほど名古屋では有名な同店の注目メニューは、手羽先のルーツとなったという「ターザン焼き」。番組で行ったアンケートでも「手羽先よりもターザン焼き」「鶏肉とタレがマッチしている」といった意見が見られた。愛知県出身の大久保さんが上手な手羽先の食べ方講座をしているとターザン焼きが登場。出てきた料理の大きさに3人が驚いていると、同店スタッフが「鶏の半身で、ももとささみの部分」と説明した。ターザン焼きは鶏の半身を秘伝のタレでそのまま揚げ、熟成タレや特選塩コショウ、ゴマなどで味付けをした唐揚げ。

 豪快に食べた大久保さんは「おいしい。肉が(骨から)ホロッと取れる」とコメント。LiLiCoさんが「ジューシー過ぎないのがいい」と評すると、同店のスタッフは「丸々1個食べてもそんなにしつこくない」と味を紹介した。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング