いまなお愛される懐かしの味 銀座の老舗洋食店の「元祖オムライス」

ぐるなび / 2014年1月23日 16時10分

1月21日の「スーパーニュース」(フジテレビ系、毎週月~金曜午後4時50分)で、いまもなお愛される昭和の懐かしの味を特集し、「煉瓦亭(れんがてい)」(東京都中央区)を紹介した。

 煉瓦亭は明治28年創業の老舗の洋食店で、休日のランチ時には長い行列ができる。行列客のお目当ての料理は、この店の看板メニュー「元祖オムライス」だ。多い時で一日100食の注文があるという。明治33年に煉瓦亭でまかない料理として誕生し、100年以上変わらぬ味を提供している。

 多い時で一日100食の注文があるという「元祖オムライス」は、タマネギとひき肉を炒めたものを砂糖としょう油で味付けし、そこに卵、グリーンピース、マッシュルーム、炊きたてのご飯を混ぜあわせ、フライパンでオムレツ状に焼いてできあがり。女性客は「卵がとろっとしていて、すごくおいしいです」と頬をゆるめていた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング