誕生当時の味を守り続ける「アマンド」の「リングシュークリーム」

ぐるなび / 2014年2月4日 18時10分

2月3日の「ジェネレーション天国」(フジテレビ系、毎週月曜午後8時)で、女優の小川知子さん、三田佳子さん、モデルの中村アンさん、「アイドリング!!!」の菊地亜美さんらが、「アマンド 銀座店」(東京都中央区)で“スイーツ女子会”を行った。

 アマンドは、昭和21(1946)年に東京・新橋で創業した老舗洋菓子店。「リングシュークリーム」(290円)が運ばれてくると、小川さんは、「懐かしい! これ死ぬほど食べたの」とコメントした。ドーナツのように穴の開いた生地で生クリームとカスタードクリームをサンドしたスイーツ。昭和27(1952)年誕生当時の味を今も守り続けているという。

 「リングシュークリーム」にはフォークとナイフが付いていて、昭和30年代には女性が大きな口を開けて食べるのは行儀が悪いことから、切って食べやすいようにリング型になったという。中村さんが「シュークリームってかぶりつくイメージですよね」というと、三田さんが「それは今の人ね」とコメント。一行は世代の差についての話題で盛り上がり、フォークとナイフを使って上品に味わっていた。

宴会・グルメ情報検索サイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング