日本初上陸の牛ステーキ店 最上級品質の「プライムグレード」を使用

ぐるなび / 2014年2月7日 10時10分

2月5日の「グッド!モーニング」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午前4時55分)で、こだわりの肉グルメを特集し、「ウルフギャング ステーキハウス」(東京都港区)を紹介した。

 米国で極上ステーキを出すとして人気の同店は、今年日本に初上陸を果たした。ステーキ肉は最上級品質といわれている「プライムグレード(アメリカ農務省(USDA)の格付けで最上級の品質と認定された牛肉)」を輸入している。

 注目メニューは、直火で焼き上げた400グラムの「プライム フィレミニオン」(7500円)。黒こしょうのソースやトマトベースの特製甘辛ソースでいただく一品。さらに、お店のこだわりのメニューが、28日間熟成させた「プライム ステーキ」(2人分、1万5000円)。熟成させることによって、肉に風味が付き、柔らかくなるという。この肉を900℃のオーブンでバターと一緒に焼き、外はカリカリ、中は肉汁たっぷりに仕上げる。フィレとサーロインを一度に味わうことができ、味付けは塩のみで肉本来の味を堪能できる。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング