福を吸い寄せる山梨県の郷土料理「みみ御膳」 東幹久も大満足

ぐるなび / 2014年2月24日 17時10分

2月22日の「世界にひとつ ミラクルレシピ!」(テレビ朝日系、毎週土曜午後6時半)では、ミラクルレシピを求めて山梨県に向かった俳優の東幹久さんが、富士川町の「つくたべかん」を訪れた。

 富士山が見渡せる富士川町には、寒冷地ならではの体が温まる郷土料理「みみ」がある。「みみ」とはほうとうの一種で、農機具のミノを模した形状をしている。同町に建つ食の体験施設「つくたべかん」では、地元の伝統的な料理「みみ」を後世に残すため、「みみ御膳」というメニューを提供している。

 「みみ御膳」を食べた東さんは「めっちゃうまいっすね、もっちもっちです、ホントに」とコメント。ミノの形に「福をたくさん吸い寄せる」という意味があることから、「みみ」は福耳とも呼ばれているという。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング