ラム肉の魅力が存分に味わえるニュージーランド産のラム肉料理専門店

ぐるなび / 2014年2月26日 14時10分

写真

WAKANUI

2月24日の「グッド!モーニング」(テレビ朝日、毎週月~金曜午前4時55分)の最新のトレンドを紹介する「超速View」のコーナーで「専門店こだわりの味」を特集し、ニュージーランド産のラム肉料理専門店「WAKANUI」(東京都港区)が紹介された。

 同店は先月オープンしたばかりのラム肉料理専門店で、同店の料理長は「世界各国の調理法で(ラムの)いろんなパーツを使って提供しています」と話す。初めて来店した人にまず味わってほしいというのが、代表的なラム肉料理の一つ「ラムチョップ」。赤身と適度な脂が混じり合ったラム肉をこんがりと焼き上げ、素材のおいしさを活かすため塩コショウのみで味付けをしているという。同店で使っているラム肉は生後6カ月前後の子羊を使った肉しか使わないのがこだわりだそう。その理由を「くさみがなく、ラム肉が苦手な人でも食べられるよう提供しています」と調理長は語る。

 カツレツ風やバーベキュー風のラムチョップも1本からオーダーできるので、いろいろな種類を食べ比べることも可能。肉の存在感たっぷりのラムのスネ肉を使った「ラムシャンクのクスクス」は、ポトフ風にじっくり煮込んだスネ肉がホロホロと崩れるほどの柔らかさに仕上がっている。パスタの一種、クスクスと一緒に食べるとさらにおいしいという。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング