サルの「おもてなし」で外国人観光客に人気 宇都宮市の居酒屋「かやぶき」

ぐるなび / 2014年2月25日 17時10分

2月24日の「Nスタ」(TBS、毎週月~金曜午後3時50分)で、外国人観光客に人気という、サルがおもてなしをする店、「かやぶき」(宇都宮市)を紹介した。

 かやぶきは、宇都宮市にある小さな居酒屋。この店では、サルがおしぼり、栓抜き、缶ビールなどを客に運ぶサービスがある。オーストラリアから来た観光客は、「オーストラリアのテレビを見て、ここに来た。知り合いは皆ここに来たがっている」と話した。ここで働くサルの名前は「福子ちゃん」、11歳のニホンザルのメス。これまでドイツやアメリカなど20を超える各国メディアで紹介され、外国人観光客の人気スポットになっている。この店の代表・大塚薫さんは、「最初はペットでサルを飼い始めたが、おしぼりを運ぶ姿を見て覚えたようだ」と話した。

 この店では、他にも玉乗りや輪投げ、竹馬など、サルがさまざまな芸を披露。また、サルの赤ちゃんと触れ合うこともできる。このサルをきっかけに、地元の人と外国人の国際交流の輪も広がっているという。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング