徳川吉宗が命名した江戸野菜“小松菜”の「小松菜土鍋飯」

ぐるなび / 2014年3月24日 18時10分

写真

銀扇

3月21日の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時半)では、「開花直前! 究極のお花見弁当を 豪華で激安!? お江戸の絶品食材探し」を特集し、東京都江戸川区の日本料理店「銀扇」を紹介した。

 東京・江戸川区は、江戸時代に小松川村と呼ばれていたことから、地元特産の青菜が小松菜となった。青菜を“小松菜”と命名したのは、江戸幕府八代将軍の徳川吉宗。鷹狩りで小松川村を訪れた際、食した青菜の吸い物に感激して名付けたという。以来、小松川村(現・江戸川区)は小松菜の一大産地となっていった。こうした伝統は現在にも引き継がれ、地元の「日本料理 銀扇」では、国産の小松菜をふんだんに使った「小松菜土鍋飯」(要予約・ランチタイム不可)が人気を集めている。土鍋で炊いた茶飯に刻んだ小松菜を載せ、豪快にかき混ぜた土鍋飯は、湯気とともに小松菜の香りがあふれ出すという。

 「小松菜土鍋飯」を注文した利用客らは、「本当に青くさくない。おなかにストンと入ってくるような感じで、とても食べやすいです」などと語っていた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング