海外旅行気分を満喫できるシンガポールで人気の中華料理店が上陸

ぐるなび / 2014年3月28日 21時10分

写真

パラダイス ダイナシティ

3月26日の「Nスタ」(TBS系、毎週月~金曜午後3時50分)では、東京で海外旅行気分が味わえる話題の上陸グルメを特集し、シンガポールで人気を集める中華料理店「パラダイスダイナシティ」(東京都中央区)が紹介された。

 昨年6月に銀座にオープンした「パラダイスダイナシティ」は、ランチタイムには行列ができるほどの人気ぶり。一番人気のメニューは「8種小籠包」。色鮮やかな8色の小籠包で、リポーターの亀井亜紀子さんはまず黄色の小籠包を食べ「チーズの味がする」と驚いていた。黄色の小籠包の中には肉汁とともに溶けたチーズが入れられ、黒の小籠包には黒トリュフが入っている。亀井さんは「トリュフの風味や香りがすごい」と絶賛。

 ほかにもフォアグラやマーラー、ガーリック、カニの玉子などの小籠包が味わえる。石焼き鍋で煮込まれた「フカヒレのシンガポール皇朝煮込み」、北京ダックや豚トロなどがスタイリッシュに盛られた「おまかせ香港 ロースト5点盛りあわせ」など、見た目にも楽しい中華料理がそろっている。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング