片面40秒ほどしか焼かない牛肉100%ハンバーグ

ぐるなび / 2014年4月14日 20時10分

4月12日の「ズームイン!!サタデー」(日本テレビ系、毎週土曜午前5時半)では、「HNNハンバーグ・ニュース・ネットワーク」と題して「ニュースなハンバーグ」を特集。レストラン「まーさんハンバーグ」(東京都渋谷区)を紹介した。

渋谷駅から徒歩2分ほど、センター街にある「まーさんハンバーグ」では、片面40秒焼きのハンバーグが話題を呼んでいる。番組取材班が看板メニュー「元祖まーさんハンバーグランチ」の調理時間を計測してみると、形を整えたタネを南部鉄器の鉄板に載せ、フタをして40秒強。片面に焼き目がついたところで裏返し、もう片面も30秒程度しか焼かなかった。また、つなぎを使わない牛肉100%のタネは、調理前に温風で温めてから焼いていた。店長の藤川雅大さんによると、「(中が)レアな状態でお出しするため、お肉が冷たいと生の感じが出てしまう」ことを配慮したという。

完成した「元祖まーさんハンバーグランチ」は、柔らかいため、はしやフォークではなくスプーンで食べる。利用客らは「スクランブルエッグみたいな感じ」「食感がネギトロみたい」などと話していた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング