料理の質と独創性の高さで「世界のベストレストラン」に6年連続ランクイン

ぐるなび / 2014年5月1日 18時10分

4月30日の「Oha!4 NEWS LIVE」(日本テレビ系、毎週月~金曜、午前4時)で、イギリスのロンドンで発表された「世界のベストレストラン50」にランクインした日本の店「NARISAWA」(東京都港区)を紹介した。

 このランキングは「レストラン業界のアカデミー賞」ともいわれるもので「NARISAWA」は料理の質と独創性の高さが評価され、6年連続でランクインし続けている。海外の専門家は、センスや上品さなど、欧米の人々が共感できる要素が料理に織り込まれていると評価する。自然のそのままの風景をお皿に表現するという店のこだわりが、リポーターが紹介した2品にも表れている。

 「春の山と海」は春の食材タケノコと相模湾で捕れたアジを使い、プレートの上で自然を感じさせる。タケノコの甘みがソースと合い、アジの香ばしさと野菜の爽やかさがぴったりだ。「活き赤座エビ 春の菜園仕立て」はハーブと野菜を使って春の花が咲く菜園を色鮮やかに表現。たっぷりと盛られた野菜をかき分けて現れる赤座エビの食感はプリプリとし、甘さが口の中に広がる。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング