宜野座の超特大サイズの車えびに石ちゃんも絶句!

ぐるなび / 2014年5月13日 19時10分

写真

球屋

5月9日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系、毎週金曜午後7時56分)で、「石塚グルメ in 沖縄 日本一の車海老」と題し、タレントの石塚英彦さん、アナウンサーの安住紳一郎さんが「車えびレストラン 球屋」(沖縄県国頭郡)を訪れた。

 同店は、宜野座養殖場に併設される車えび専門レストラン。宜野座養殖場はプランクトンが豊富なため、半年ほどで20センチ近く育つ特大の車えびが出荷されるという。車えびのサイズは5段階に分けられているが、石塚さんは迷うことなく、超特大サイズが2尾のった天丼を選択。安住さんも超特大サイズのエビフライ定食を注文した。

 石塚さんは、出された天丼を前に「想像がつかなかった(大きさ)」と脱帽。安住さんは「マンションのベランダのこいのぼりぐらいある」と表現し、定食のエビフライについては「リコーダーみたい」と例えた。エビフライにかぶりついた安住さんが「車えびの甘さを、タルタルソースでギリギリ抑えるという感じですね」とコメント。さらに「表面は軟らかいけど中にひとつ筋が残っていて、ブリンブリンって感じですね」と語った。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング