有村昆&丸岡いずみ夫妻も満喫 江の島の隠れ家でいただく新鮮丼

ぐるなび / 2014年5月13日 19時10分

写真

江ノ島小屋

5月11日放送の「シューイチ」(日本テレビ系、毎週日曜午前7時30分) の、「9時半越え」のコーナーで「有村昆&丸岡いずみ夫妻と巡る...江ノ電オススメ初夏の鎌倉~江の島グルメ」と題し、映画コメンテーターの有村昆さんとフリーアナウンサーの丸岡いずみさんらが、片瀬漁港入り口にある「江ノ島 小屋」(神奈川県藤沢市)を訪れた。

 同店は旬の海の幸を味わえる海鮮レストランで、店内から江の島が一望できるロケーションも人気だ。名物の「まかない丼」(1290円 税込み)は、丼を覆うように乗っている巨大な海苔がインパクト大。海苔をよけると、丼の上には日替わりの魚と味噌を混ぜ、秘伝のごまだれをかけたなめろうがたっぷり。崩して丼のまま食べても、手巻き寿司にしても良しの大人気メニューだ。また、湘南名物のしらすを釜揚げしてたっぷりと乗せた「新釜揚げしらす丼」(920円 税込み)も人気の一品。大胆にしらすを崩して食べるのがおいしくいただくコツとのことだ。

 「まかない丼」を手巻き寿司にして食べた有村さんは、「ビューティフル、コレはおいしい」と親指を立てその味を表現。一方、「新釜揚げしらす丼」を食べた丸岡さんは「潮の香りがパアッと口の中全体に広がる、おいしい。新鮮ですね」とこちらも大満足の様子で舌鼓を打っていた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング