渡瀬マキが「おいしい」と大満足 A5ランク黒毛和牛を味わう「炭火焼 七厘」

ぐるなび / 2014年5月29日 19時10分

5月26日の「いっぷく!」(TBS系、毎週月~金曜午前8時)のコーナー「いっぷくシンデレラ」で、「下町 七福神めぐり&幻の肉」と題して、シンガー・ソングライターの渡瀬マキさんらが南千住駅付近の路地裏にある焼き肉店「炭火焼 七厘」(東京都荒川区)を訪れた。

 同店は肉の質にこだわり、A5ランクの黒毛和牛の雌のみを提供している。多数の有名人が、足繁く通う名店だという。おすすめは、その日仕入れた新鮮な肉から厳選した7種類をぜいたくに堪能できる「お任せコース」(5800~7500円 税抜き※仕入れによって価格変動あり)。今回は同コースのほかタンを3種類(2000円 税抜き※要前日予約)注文した。

同店のタンはタン元が最も貴重で、1頭の黒毛和牛からわずか6枚ほどしか取れないとのこと。このタン元を食した渡瀬さんらは驚いた顔で「今まで食べたタンの中で一番うまい!」と断言した。次に脂が少なく、さっぱりとした食感のヒレ・カタ三角を塩で頂くと、渡瀬さんはほころびながら「おいしい!」と一言、満足した様子だった。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング