1日2000個以上を売り上げる浅草・老舗そば店の 「ジャンボめろんぱん」

ぐるなび / 2014年6月19日 20時10分

6月17日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)では、「新東京見聞録 知ってお得!浅草の新常識」と題して、進化する観光スポット浅草で次々と生まれる行列グルメを特集。そば店「花月堂」(東京都台東区)が紹介された。

創業69年、昭和レトロな雰囲気漂う店内でそばのほか、デカ盛りかき氷などが味わえる。名物の「江戸そば」はトビウオとムロアジからだしをとり、麺に明日葉を練り込んでいる。この老舗で新たなブームを巻き起こしたのが、1日2000個以上売れるという「ジャンボめろんぱん」。3時間発酵させたパンは、表面はクッキーのようにサクサクで、中は綿あめのようにふんわりしている。

担当者によると、当初は浅草のイメージに合わないことから全然売れなかったという。バスガイドの口コミがきっかけとなり大ヒットになった。今では土産としても人気で、店を訪れた女性客からは「この前来た時いっぱい並んでいて買えなかったから、今日こそは頑張って買っていこうかな」「おいしいから、来ると買っちゃうの!」との声が聞かれ、人気ぶりがうかがえる。外国人観光客からも「グッドテイスト」などと注目を集めている。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング