カリカリの衣と牛ヒレ肉の食感が自慢! 上品な「ヘレカツサンド」

ぐるなび / 2014年6月20日 11時10分

6月18日放送の「Nスタ」(TBS系、毎週月~金曜午後3時50分)では「大人気!うちはコレだけ!! 究極の味こだわり一品勝負の店」と題して、リポーターの児玉理恵さんが、牛ヒレ肉を使った“ヘレカツサンド”専門店「新世界グリル梵 銀座店」(東京都中央区)を訪れた。

もともと大阪の老舗洋食店で、東京進出に当たってあえてカツサンド一品に絞った。その「ビーフヘレカツサンド」は、カリカリの衣と軟らかな牛ヒレ肉の食感が自慢だ。店長によると、ヘレとは大阪の方言でヒレがなまったものだという。高級ヒレ肉を、ミディアムレアに仕上がるようサッと揚げ、パンは肉の食感をより引き立てるためこんがりとトーストする。鶏がらベースに野菜や果物をブレンドした自家製の甘辛ソースが味の決め手だ。

出来たてのヘレカツサンドに児玉さんは「これはちょっと、上品なサンドですよー! 中がこのなんとも言えないミディアムレアなんですって」と感嘆の声を上げ、「お肉が軟らかいこと。かめばかむほどジューシーな肉汁が出てきますよ。パンも衣も薄いんですよね、だから本当お肉食べてます!」と評した。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング