季節を感じる限定メニューが人気 宮田和弥も驚く創作そば店「銀杏」

ぐるなび / 2014年6月24日 18時10分

6月21日放送の「ぶ・ら・り途中下車の旅」(日本テレビ系、毎週土曜午前9時25分)で、「ぶ・ら・り 梅雨空晴れれば気分はロック 都営新宿線の旅」と題し、ミュージシャンの宮田和弥さんが手打ちそば屋「銀杏」(東京都江東区)を訪れた。

 下町の路地裏にたたずむ同店は、旬のそばと食材が味わえることで人気の店。今の季節は「冷製浅蜊そば(1620円 税込み)」や「夏野菜のじゅれ(1512円 税込み)」など舌で夏を感じることができるメニューが目白押しだ。宮田さんは店主がおすすめする季節メニュー「紅の雫(トマトそば)」(1404円 税込み)を注文。ニンニクが入っただし汁に一晩漬けこんだ湯むきトマトを輪切りし、冷たいめんつゆを張ったそばの上に敷き詰めた目にも鮮やかな一品。

どんな料理が出てくるのかと胸を躍らせながら待っていた宮田さんは、「紅の雫(トマトそば)」が登場すると「トマトなんですね~!」とメニュー名に納得の様子を見せ、早速そばをひとすすり。続けてトマトも味わうと「和と洋がまざった感じなのかな」と初めて食べる意外な組み合わせに驚いた様子だった。「見た感じが涼しげで、透明感のあるものができたら」とメニュー考案に至った経緯を店主の奥さんが教えてくれた。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング