江戸情緒息づく隅田川の流れを堪能 創業約200年の老舗「鰻 前川」

ぐるなび / 2014年7月3日 20時10分

写真

前川

6月30日に放送された「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)で、「東京にも川床出現!隅田川納涼めぐり」と題し、今、注目を集める隅田川沿いのお店を特集。リポーターの島田薫さんが「鰻 前川」(東京都台東区)を訪れた。

同店は、隅田川に臨む200年ほど前に創業した老舗だ。江戸時代、隅田川の浅草から下流は大川と呼ばれて江戸庶民に親しまれた場所で、当時の客は舟で店に通ったという。隅田川は現在でも多くの船が行き交っており、建物が新しくなっても店からの川の眺めは変わらないという。現在同店では、江戸時代の天然ものに味が近いといわれる高級養殖もの「うなぎ坂東太郎」を使う。「うな重」(4212円~ 税込み)は秘伝のタレを付けてじっくり焼き上げている。

「うな重」を食べた島田さんは「幸せ! 脂はのっているけれどしつこくなくて、パッと口の中からなくなっていきます」と、隅田川の景色を楽しみながら老舗の味を堪能した。

当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング