1日約200杯!! 辛さが癖になる宮崎生まれの超人気ご当地麺「辛麺」

ぐるなび / 2014年7月8日 21時10分

7月6日に放送された「ドラGO! DRIVE A GOGO!」(テレビ東京系、毎週日曜午後6時)では、食の宝庫・宮崎を取り上げた。ナレーションを務める柳原可奈子さんのコーナー「可奈子のドラぶら!」で、「南国情緒漂う宮崎市をドラぶら」と題して、「辛麺屋 桝元 宮崎本店」(宮崎県宮崎市)が紹介された。

辛麺とは、唐辛子とニンニクの効いたスープで食べる宮崎生まれのご当地麺のことだ。同店では30年ほど前から提供しているという。そば粉と小麦粉で作った特注麺をサッとゆで、しょうゆベースのスープに、独自にブレンドした唐辛子、ニラ、溶き卵を加えて煮立たせたスープをかければ「元祖辛麺 中辛」(800円 税込み)が出来上がる。

辛麺は、1日におよそ200杯も出るという人気ぶり。「少し粘り気のある麺と、食欲がかき立てられる辛さが癖になる」のだという。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング