まるで焼きプリン!? 見た目が印象的なポテトサラダが味わえる「富士屋本店 ワインバー」

ぐるなび / 2014年7月9日 12時10分

7月7日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系、毎週月~金曜日午前5時25分)、「MORE SEVEN」のコーナーで、進化したポテトサラダを特集。リポーターの三上真奈さんが「富士屋本店 ワインバー」(東京都渋谷区)を訪れた。

 同店は、おしゃれな立ち飲みワインバーで、一見変わった「ロシア風ポテトサラダ」を味わえる。ポテトサラダに焦げ目の付いた黄色いソースがかかっており、見た目はまるで焼きプリンのようだ。作り方は、ニンジン、インゲン、ツナなどが入ったポテトサラダの上に、卵の黄身、バター、生クリーム、白ワイン、塩、コショウ、レモン汁で出来たオランデーズソースをたっぷりとかける。オランデーズソースをかけることでまろやかでコクのある味になるとのこと。さらにソースの表面をガスバーナーで炙ることで香ばしさが加わり、お酒にもぴったりに。さらに、パプリカパウダーでピリリとアクセントも加えている。

 運ばれてきた「ロシア風ポテトサラダ」を見た三上さんは「ポテトサラダなのに香ばしい焦げ目が付いている」と驚いた。続いて一口食すと「このソースがまたまろやかになりますね」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング