香ばしくて締めにもぴったり! 炊き込みご飯のお好み焼き「おこめ焼き」

ぐるなび / 2014年7月23日 12時10分

写真

津久井

7月12日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、毎週土曜午前9時25分)では「ご利益あるかも!? オンリー1がいっぱい 江ノ電の旅」と題し、江ノ島電鉄沿線を特集。元力士の舞の海さんが、お好み焼き店「津久井」(神奈川県鎌倉市)を訪れた。

 舞の海さんは散策中、店先に出ていた品書きに「おこめ焼き」と書いてあるのを見つけ気になったが、店は準備中だった。散歩を続けた後に店内に入ると、明るく広い畳の座敷から庭を眺めることができ、とても風情のある趣だ。舞の海さんは「おこめ焼き 海老・しらす」を注文した。「おこめ焼き」とはご飯を使ったお好み焼きで、鉄板の上に四角い型を置き、ご飯と卵、鎌倉のしらすと海老を混ぜ、型の中で焼き上げる。仕上げにしょうゆ、かつお節をまぶす。

 舞の海さんは「おこめ焼き」を口に運ぶと思わず笑みがこぼれた。「おいしい! 外がパリッとしていて、中はホロホロっとくずれて、焼きおにぎりに似てますけど、ご飯も何かすごくおいしいんですよね」とコメント。炊き込みご飯を使うので味もしっかりと付いている。香ばしいしょうゆの香りに舞の海さんの箸も進んでいた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング