水餃子じゃないのにレンゲが必要!? モチモチ、ジューシーな肉汁餃子を堪能

ぐるなび / 2014年7月16日 17時10分

7月13日放送の「砂羽と可奈子があの街の美味しいギャップ大発見!だけど食堂」(テレビ朝日系、毎週日曜午前9時30分)では「餃子SP」と題し、餃子が好きな女優の鈴木砂羽さんが行ったことのない餃子の名店や、東京都内にある鈴木さん一押しの名店を紹介。鈴木さんとお笑いタレントの柳原可奈子さん、お笑いコンビ「チュートリアル」の福田充徳さんが「白龍(パイロン)」(東京都新宿区)を訪れた。

同店はオープン3年目ながら、多くの雑誌に取り上げられる人気店。餃子は焼き、揚げ、蒸しのどれもレンゲが必要なほど、肉汁がたっぷりなのが特長だ。一行は焼き餃子の「白龍(パイロン)餃子」、揚げた「宝餃子」、蒸した「青龍(チンロン)餃子」を注文。国産豚と特製コラーゲンゼリーを合わせたあんを、肉汁を逃がさないよう強力粉を多めにした皮で包む。焼く前にゆでることで、小籠包のようなモチモチの食感を楽しめる。

早速、鈴木さんが一口頬張ると、肉汁が飛び散ってしまうほどのジューシーさ。「う~ん、うわ~! おいしいー。スープが、スープが!」と幸せそうな表情を浮かべた。柳原さんも「この肉汁だけ水筒に入れて飲みたいわー」とスープの味を絶賛。福田さんは「こんなモチモチした餃子食べたことない」と評した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング