阿川佐和子が「おいしおす」 祇園の舞妓がすすめる甘味処「ぎおん徳屋」

ぐるなび / 2014年7月25日 11時10分

写真

ぎおん徳屋

7月20日放送の「阿川佐和子&檀ふみの京都1泊2日懐かしレトロ旅」(テレビ朝日系、日曜午後1時55分)で、女優の檀ふみさん、エッセイストの阿川佐和子さんが「ぎおん徳屋」(京都府京都市)を訪れた。

 一行は辰巳大明神でお参りする舞妓の恵里葉さんと修行中の晴さんに出会い、一緒に同店へと向かった。店先に掲げられた踊りや長唄の稽古日のお知らせは、お座敷に出る舞妓・芸妓の取次をする事務所があった当時の名残だという。4人は恵理葉さんのおすすめ「徳屋の本わらびもち」を食すことに。国産のわらび粉と、和三盆で練り上げた上品な一品となっており、きな粉と黒蜜をお好みでトッピングして味わえる。

 まず一口食した阿川さんが、京風に「おいしおす(おいしいです)」とコメントすると、恵里葉さんは「よろしおした(よかったです)」と微笑んだ。檀さんは「滑らかさがいい。スルッと入っていく」とその食感を堪能。晴さんは「おおきにおいしおした(とてもおいしかったです)。初めてここで食べました」と感激の表情を見せ、恵里葉さんに向けて「姐さん、おいしおした」と感謝を述べた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング