石塚英彦が「うま過ぎて味の表現ができない」と絶賛 尾道ラーメンの老舗

ぐるなび / 2014年7月29日 21時10分

写真

つたふじ

7月26日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、毎週土曜午後0時)で、タレントの石塚英彦さんが「つたふじ」(広島県尾道市)を訪れた。

 創業65年の同店は、連日満席の老舗ラーメン店。看板メニューの「中華そば(大)」(650円 税込み)は、トンコツと地元名物のいりこなどの魚介類からだしを取ったしょうゆベースの味わい深いスープが特徴の一杯だ。背脂がたっぷりと入ったラーメンがカウンターに運ばれると、石塚さんは「大将、これは僕の期待以上です」と驚いた。

 「良い麺の色してますね」と一口食べた石塚さんは「まいう~! よっ、まいう~!」とお決まりのフレーズでその味を称え、「この麺もまた、真面目な麺ですね。かみしめると麺そのものの良い味がしますね~」と続けた。そして「全国の背脂ファンの皆さんお待たせしました」とスープをすすると「今背脂が2個、ポンポンと(口に)入りました」とコメント。「尾道は水もおいしい」という店主に、石塚さんは「最高の水と魚と大将がそろった。これは最高のラーメンですよ。ちょっと僕ねえ、うま過ぎて味の表現ができない」と語った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング