1日3000個売れる、ひと味違う食感を楽しめる大人気餃子!

ぐるなび / 2014年8月4日 17時10分

8月1日放送の「news every.」(日本テレビ系、毎週月~木曜午後3時50分、金曜午後4時50分)で、「人が集まるのにはワケがある! 大繁盛店のヒミツ」と題した特集を放送。その特集内で「中央亭」(静岡県沼津市)が紹介された。

 「中央亭」は地元では有名な餃子専門店。開店前にも関わらずお店の前には行列ができ、餃子は一日3000個も売れるという人気店だ。こちらの餃子は通常のパリっとした餃子とは違い、軟らかい食感を楽しむことができる。ひき肉、キャベツ、ネギというシンプルな具材で作った餡を四角い自家製の皮で包んだ餃子をフライパンで焼き、そこに大量のお湯を加え茹でることで、その独特の食感を生み出しているという。

 実際に食した取材スタッフは「餡がぎっしりつまっていて、シャキシャキの野菜の食感がいいですね」とコメント。また「味がさっぱりしているので何個でも食べられてクセになる」と長年愛される餃子の味を絶賛した。


※ 当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング