ホワイトソースが決め手の「へそハンバーグ」 ちらしずし風「シースーのオムライス」

ぐるなび / 2014年8月11日 18時10分

8月7日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)では「こだわりの限定メニュー 知る人ぞ知る『東京の名物グルメ』大特集」と題して、創業55年の洋食店「キッチン亀」(東京都板橋区)を紹介した。

 名物メニュー「へそハンバーグ定食」(1050円 税込み)は、考案から25年、地元の人たちに愛されている一品。生クリームとホウレンソウを合わせトロトロで甘みのあるホワイトソースと、ふわふわ食感のハンバーグとの相性のよさが人気の秘密だ。「へそハンバーグ」という一風変わった名前は、ハンバーグの中心的なメニューだからなのだという。来店客は「おいしい! 一口目は濃いけど、後味はさっぱり」とおいしそうに食べていた。

 「シースーのオムライス」(960円 税込み)も、もうひとつの名物として評判になっている。江戸前ずしの酢飯に使われる赤酢でご飯とエビを炒め、煮シイタケと酢漬けのレンコンを添える。その上にオムレツをふんわりとのせたら、ちらしずしのようなオムライスが完成だ。その酸味の効いた味を女性客は「夏、いいかもしれないですね。さっぱりして」と評した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング