煮汁が絶品! 下條アトムが青森市の海鮮料理店で「フジツボ」を味わう

ぐるなび / 2014年8月12日 19時10分

8月9日放送の「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系、毎週土曜午前8時)で、「夏の青森 39年ぶりの八甲田山」と題し、俳優の下條アトムさんが「御料理 はた善」(青森県青森市)を訪れた。

 新鮮で旬な海の幸を堪能できると地元で人気の同店で、この道37年の主人が腕を振るう。まず運ばれてきたのは、海の底からとれた大ぶりの「フジツボ」。下條さんは身とだし汁をじっくり味わうと「おいしい。エビとカニとウニが全部ミックスしたような。これは味わいがある」と感慨深げにコメントした。

続いて「エゾアワビの煮こごり」が登場。生きたアワビを5時間ほど炊いた一品だ。下條さんはよくかみしめながら「うわっ! これはうまい。軟らか~い」と顔をほころばせた。そして最後に「地魚のにぎり」が運ばれ、その中から青森県のシンボル・県の魚でもあるおすすめの「ヒラメ」を食すると「甘みがふわ~っと広がりますね。あ~、うまい!」と大満足そうな様子で締めくくった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング