「孤独のグルメ」原作者・久住昌之が大満足! 東京・木場のインド料理店

ぐるなび / 2014年8月18日 21時10分

8月13日放送の「孤独のグルメSeason4」(テレビ東京系、毎週水曜午後11時58分)、「ふらっとQUSUMI」のコーナーで、漫画原作者の久住昌之さんが「カマルプール」(東京都江東区)を訪れた。

東京・木場にある同店は、インド料理を食べながら気軽にお酒を楽しめるお店。久住さんは、「ひよこ豆のサラダ」と、カレーリーフというハーブを使った南インドのスープ「ラッサム」、2種類のラム肉をフレッシュミントソースでいただく「ラムミックス(クミン焼き・王様のラム)」を注文した。「ラッサム」は締めにご飯にかけ、おじやのようにして食べるのが南インド式だという。また、メインのカレーはインドの家庭で食べられているという「名物 鯖カレー」を「イエローライス」とともにいただくことに。

「ラッサム」を口にした久住さんは「癖になる。酸っぱ辛くて、なんとも言えない香ばしい感じ。ご飯につけると甘みが分かる」とその味を気に入った様子。続いて、「名物 鯖カレー」を食べると「おいしい! 意外に合いますね。好きですよ、このサラサラタイプ」と、本格的なインドカレーの味を堪能した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング