辛くないカレーが大人気! 亜熱帯の木の実を使ったマッサマンカレー

ぐるなび / 2014年8月27日 15時10分

8月25日放送の「Oha!4 NEWS LIVE」(日本テレビ系、毎週月~金曜午前4時)、「リサーチ★小町。」のコーナーでは、「辛くない!でも激ウマカレー!」と題して、キャスターの加藤多佳子さんが「ガパオ食堂」(東京都渋谷区)を訪れた。

 本格的なタイ料理を提供する同店。人気は「マッサマンカレー+カーオ・スアイ(タイ香り米)」(1280円 税込み)だ。マッサマンカレーとはムスリム(イスラム教徒)のカレーを意味し、ムスリムの人でも食べられるよう鶏肉で作られることが多い。また、店長は「タマリンドというフルーツをミックスすることによって甘酸っぱいカレーになっています」と説明した。タマリンドは主に亜熱帯地域で栽培される木の実で、酸味があり、タイではジュースとしても飲まれているという。同店では干して固めたタマリンドを水で戻し、辛いカレーと同じカレーペーストにココナッツミルクとともに加えている。

 マッサマンカレーを一口味わった加藤さんは、「あ! 辛くない。甘い! しつこい甘さではなくてエスニックなカレーの風味はあるんですが、辛さは全くと言っていいほどないです」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング