東京の新名物!? 足立区の特産品を使った“摩訶不思議な”ご当地うどん

ぐるなび / 2014年9月5日 17時10分

9月4日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)では、「外国人も大絶賛! 大注目の“ご当地うどん”大特集!」と題し、リポーターの宮脇理恵子さんが、「ゑの木れすとらん」(東京都足立区)を訪れた。

 同店では、新たな東京名物にと2年前に考案された摩訶不思議なご当地うどんがあるという。その正体は、緑色の麺が特徴的な「あだち菜うどん」。麺には足立区の特産品「小松菜」が使用されている。この特産品で東京の新名物を作りたいと足立区の飲食店が協力して「あだち菜うどん」を考案したのだという。

 モチモチな麺はもちろん、トッピングにも小松菜を使った同店の「あだち菜うどん」。一人前約140g分の小松菜が入った麺を、希少な東京シャモでだしをとった特製つけ汁につけていただく。試食した宮脇さんは「シャモのコクがものすごくあるので、小松菜の苦味とよく合う」と絶賛した。現在、区内の8店舗でさまざまな「あだち菜うどん」を提供しており、東京の新名物として期待されている。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング