庄内地方のご当地グルメうどん「麦切り」ののど越しに宇梶剛士も納得

ぐるなび / 2014年9月9日 20時10分

9月6日放送の「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系、毎週土曜午前8時)で、「大好きな山形 新たな魅力にふれる旅」と題し、俳優の宇梶剛士さんが「大松庵」(山形県鶴岡市)を訪れた。 

 江戸時代の豪農の屋敷を利用し、趣きある佇まいが人気の同店。注文したのは、「そばと麦切りの合のり」(1030円 税込み)。そばは、庄内産のそば粉を使った十割そば。麦切りとは、小麦を使った鶴岡名物の細切りうどんのこと。薬味のわさびは鮫皮おろしと共に提供され、自分で好みの量をおろすスタイルだ。スタジオの出演者からは「十割!? よくぼろぼろに切れないね」「(麦切りが)つやつやですね」と驚きの声があがった。

 宇梶さんはまず麦切りを食し、「見た目の通り、つるーんと口の中に入っていった。もちもちの食感がすごくいいですね。とてもおいしいです」と頷きながらにコメント。続いてそばを食し、「う~ん。歯ごたえありますね。これはいいわ~」と顔をほころばせた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング